怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

Webライター未経験者が初めての仕事を探すためのクラウドソーシングサービス4選

f:id:ashita_bassist:20171030165205j:plain

 

こんばんは、晨(@ashita_movie)です。

 

パソコンとインターネット環境さえあれば仕事ができて、決まった出勤も勤務時間もないWebライター。主婦(主夫)の方が在宅でできる仕事や、他に本業がある方の副業としても人気の職業ですよね。

 

Webライターが仕事を探す場として定番なのが、仕事を探す人と仕事を依頼したい人をマッチングさせてくれる「クラウドソーシングサービス」です。

 

そこで今回は、Webライターが仕事を探すのにおすすめのクラウドソーシングサービスを紹介します。

 

1.クラウドワークス

crowdworks.jp

クラウドワークスは、日本を代表するクラウドソーシングサービスの1つです。僕もメインの仕事探しの場として利用しています。

 

ライティング以外にもWebデザイン、翻訳、音楽や映像制作、アプリ開発まで専門的な仕事のマッチングの場として利用されています。

 

Webライターの仕事も常に豊富で、幅広いジャンルのWebメディアが案件を載せています。経験豊富なライター向けのものからライター未経験者もOKなものまで様々です。

 

一定期間の契約を結んで継続的に発注をもらう「プロジェクト」というシステムと、単発の仕事をこなす「タスク」と呼ばれるシステムがあります。タスクの方が比較的簡単な案件が多いので、初心者はこちらからこなしていくことになるでしょう。

 

2.ランサーズ

www.lancers.jp

クラウドワークスと並んで日本を代表するクラウドソーシングサービスです。こっちの方が規模では大手なのかな?

 

サービスとしての規模も使い勝手もクラウドワークスとほとんど差はないように思えますが、(超個人的な体感だけど)Webライターの案件はこっちの方が少しバリエーションが少ないかな?といった感じ。

 

3.Sagoooワークス

works.sagooo.com

先に紹介した2つと違って、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。記事ライティング以外にも、Webアンケートやデータ入力などの業務も選べます。

 

僕は以前ちょっとだけ使ったことがありますが、たくさん並んでいるタスクから自分に向いてそうなものを選んで執筆していく、というシステムなので、プロジェクト形式のように継続して安定した仕事を探すのには向いてないかもしれません。

 

ただし、Sagoooワークスには「プラチナライター」という認定制度があって、テストに合格することで高単価の案件を受けることができたり、専属で案件をもらえたりするようになります。

 

4.Shinobiライティング

crowd.biz-samurai.com

Shinobiライティングもその名の通り、ライティング案件に特化したクラウドソーシングサービスです。Sagoooワークスと同じくタスク形式の案件がずらっと並んでいる中から書けそうなものを選ぶシステムです。

 

個人的にはこっちの方が1記事200〜400文字など難易度の低い案件が豊富なイメージがあります。「15分くらい暇な時間ができたからちょこっとお小遣いを稼ぐ」といった働き方もできるのではないでしょうか。ホームページも「主婦向け」を強調していて、Webライターを始めるハードルの低さを印象づけているように思えます。

 

難易度が低い分単価も低めになりますが、「Webライターとして最初の経験を積みたい」という方や、「すきま時間にちょっと作業して月に数千円のお小遣いがほしい」という方にはメインの仕事探しの場としておすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

全部で4つのサービスを紹介しましたが、

 

  • ひとつのクライアントとある程度の期間継続して仕事をしたいならクラウドワークス又はランサーズ
  • 時間を見つけて単発のタスク業務をこなしていきたいならSagoooワークス又はShinobiライティング

 

とざっくり傾向を分けることができます。

 

「家で作業してお金を稼ごう!」と聞くとなんだか怪しさを感じる方もいると思いますが、ここで紹介した4つのサービスに関しては疑いようもなく「ちゃんとした会社」が運営しているので安心して登録して大丈夫です。

 

目的に合ったサービスを利用して、Webライターとしての最初の1歩を踏み出しましょう。

 

初心者ライターの案件の選び方はこちらを参考に↓

www.taida-wanted.com