怠惰ウォンテッド

怠惰な音楽家が送る、あなたの創作活動をちょっと楽にしたい個人メディア

どんな仕事を探せばいい?初心者Webライターの案件の選び方

f:id:ashita_bassist:20171108213933j:plain

こんばんは、晨(@ashita_movie)です。

 

特別に専門的な知識はいらず、パソコンとインターネット環境さえあればどんな場所でも仕事ができるWebライター。自分のペースでできる副業を探している人や在宅で仕事をしたい人にとっては魅力的な職業ですよね。

 

仕事を仲介してくれるクラウドソーシングサイトにアカウント登録さえすれば、未経験でも「Webライターになろう!」と決意したその日から始められる仕事でもあります。

www.taida-wanted.com

 

ですが、ずらりと並んだライティングの案件から今の自分のレベルに適切なものを選ぶのはなかなか大変です。

 

そこで、今回は僕が考えた「初心者Webライターが案件を選ぶときのポイント」を紹介します。

 

1.タスク案件

 Webライター初心者・未経験者が経験を積むための定番の案件が、1記事単位でやり取りする単発の「タスク案件」です。

 

1記事限りのタスク案件には「映画の感想を300字で書いてください」「海外でトラブルに巻き込まれたエピソードを500字で書いてください」といった比較的簡単な内容の仕事が多めです。

 

発注者側もサイトに掲載する簡単な短い文章を求めているケースが多く、初心者・未経験者でもわりと気軽に挑戦できるのではないでしょうか。

 

感想書きなどのタスクは文字単価は安めで経験値も低めの仕事ですが「文章を書いて納品して、お金をもらう」という感覚を掴むのに最適な案件です。

 

2.ブログ記事執筆の案件

タスク案件でWebライターの入口をくぐった人におすすめしたい次の仕事が「ブログに掲載する記事の執筆を依頼する案件」です。

 

案件によって異なりますが、「美容・エンタメ・生活の中から書けるジャンルを」など比較的幅広く記事テーマを募集しているものが特におすすめです。

 

記事内容も「1記事1500字以上で見出しを3つ、あとは自由に書いてください」など自分の好きに書かせてもらえる場合が多く、文章もいかにもブログっぽくフラットな文体でお願いされることが多いです。

 

企業が運営していてガチガチの執筆ルールがたくさんある案件よりも自由に書かせてもらいやすいので、初心者にとっては取り組みやすいのではないでしょうか。

 

お金をもらって自分の自由に記事を作りながら「記事テーマを決めて、構成を考えて、実際に文章にしていく」という執筆の基本を鍛えることができます。

 

3.文章のみ納品の案件

ライティングの案件には「記事の文章をWordファイルやテキストファイルで納品する」タイプのものと「クライアントが指定するWebサイトのフォーマットに直接入力しながら記事を作り、公開までする」タイプのものがあります。

 

僕の感想としては、個人運営のブログメディアは前者が、比較的大規模な企業メディアは後者が多い印象です。

 

Webライター初心者・未経験者には前者の「記事の文章のみ納品する」タイプの案件がおすすめです。

 

こちらの場合だと本当に文章を作るだけで仕事が完結するので、執筆に集中して仕事に慣れていくことができます。Webサイトで記事を直接組み立てていく場合だと記事構築全般(構成の指定や画像の選定・挿入、その他細かい執筆ルール)を任されることが多く、初心者には少しハードルが高くなります。

 

最初のうちは、文章をデータで納品する案件の方が気持ち的に余裕を持って進めていきやすいでしょう。

 

4.1記事が1000字〜1500字程度の案件

Webライター初心者・未経験者におすすめの1記事当たりの字数は、「1000字〜1500字」です。

 

1500字を超えてくると文章をまだ書き慣れてない人にはなかなか重くなってくるし、逆に1記事数百字となるとポイントを絞って過不足ない構成が求められる案件か、あまり経験値にならない感想書きなどの案件になってきます。

 

ある程度テーマや構成がしっかりした記事執筆を求められて、なおかつ初心者に重すぎない記事のボリュームが「1000字〜1500字」ではないでしょうか。

 

このくらいのボリュームの記事を書きながら、文章のクオリティ、執筆スピードを上げていきましょう。

 

まとめ

以上、Webライター初心者・未経験者におすすめする案件の選び方でした。

 

僕がWebライターを始めたばかりのときは、「構成はこう、画像選定はこう、引用はこう、あとここをこうしてこうして…」とかなり執筆マニュアルがしっかりした企業運営の大規模メディアに受かってひーひー言いながら執筆していたのを覚えてます。

 

かなり勉強になる仕事でしたが、1週間で1記事書いて力尽きたりとちょっと初心者には向かない案件だったなー、と思います。

 

これからWebライターを始める皆さんは、是非この記事を参考に無理のないステップアップで仕事に慣れていってくださいね。