怠惰ウォンテッド

怠惰な音楽家が送る、あなたの創作活動をちょっと楽にしたい個人メディア

月に5〜6万円稼ぎたい人はWebライターがおすすめ

f:id:ashita_bassist:20171110144013j:plain

こんばんは、晨(@ashita_movie) です。

 

副業を解禁する企業が少しずつ増えているなか、「自分も副業を始めよう」と思っている人。

 

専業主婦(夫)だけど、家計の足しに月に何万円か稼ぎたい、でもパートに出るのはちょっと…という人。

 

訳があって働きに出れなかったけど、家にいてもできる仕事から始めたい、という人。

 

月に何万円か稼ぎたい、という人は意外と多いと思いますが、「自分のペースで、特別な専門技術もいらず、場所を問わずできる仕事」といってもなかなかそう都合よくは見つかりませんよね。

 

そんな人におすすめなのが、「Webライター」という、Webメディアに掲載される記事の執筆を請け負い、文章を納品して報酬をもらう仕事です。

 

Webライターについて詳しくはこちら↓

www.taida-wanted.com

 

最低限破綻してない日本語を書ける人ならパソコンとインターネット環境だけで始められるこの仕事は、特殊な技能や知識もいらず、「ネットビジネスみたいなのを始めるのはちょっと…」という人でもできる、おそらく最もハードルの低い副業ではないでしょうか。

 

そんな「副業としてのWebライター」について語ります。

 

1日2〜3時間の作業時間で月に5〜6万円を稼ぐ

本業がある人が月に5〜6万円稼ぎたい、という場合。

 

専業主婦(夫)の人が家事や育児の合間に月5〜6万円稼ぎたい、という場合。

 

体調などの理由で長時間働けない・外に働きに出られないけど少しはお金を稼ぎたい、という場合。

 

そういう人たちが副業に当てられる時間は、おそらく週に15〜20時間(1日2〜3時間+土日に少し)くらいではないでしょうか。

 

とはいえ、週にそれだけの時間アルバイトをしようとしても、「本業もあるからバイト先のシフトと調整しづらい」「子どもの送り迎えやその他用事があるからバイトでスケジュールを制約されたくない」「そもそも病気で外に働きに出れない」という人には難しいでしょう。

 

しかしWebライターなら 、出勤や固定の勤務時間もなくスケジュールに合わせて仕事することができます。

 

ライターとしての経験値にもよりますが、ごく普通に真面目に取り組んでいけば時給換算で最低賃金は余裕で超えていけるので、「1日2〜3時間で月に5〜6万円」も現実的に十分可能です。

 

基本的にWebライターは「今月中に10記事納品」「週に2記事ずつ納品」といった感じで納期を定めるので、「毎週何曜日の何時から何時まで働く」というシフトの概念がありません。

 

「仕事から帰って寝る前に1時間だけ執筆、休日はまとめて4時間くらい執筆」という働き方でも、「家事の合間に30分ずつ執筆」という働き方でも、納期をきちんと守るならどんなペースで働いてもいいわけです。

 

集中して書き上げれば予定より早い時間で仕事終了…ということだってできます。

 

多分、普通にアルバイトをして副収入を得るよりかなり融通が利いて楽だと思います。

 

「好きなペース配分で1日に2〜3時間働いて月5〜6万円の副収入を稼げる」というのが、アルバイトなどにはないWebライターの魅力です。

 

Webライターの仕事の探し方についてはこちらを↓

www.taida-wanted.com

 

最初の数ヶ月〜1年くらいは修行期間かも

 そんな「自由な働き方」ができるWebライターですが、未経験の人が最初から月に5〜6万円稼ぐのはなかなか難しいでしょう。

 

Webメディア独特の記事構成に慣れたり、安定して単価のいい案件をもらえるようになるまでに少し「修業期間」ともいえる時期があると思います。

 

最初の月は1万円越えを目指して、次の月は2万円、次の月は3万円…のように、少しずつステップアップして「月5万円の副業」にしていくのが現実的な道です。

 

基本的にWebライター仕事は数をこなせばこなすほど1時間あたりに書ける文字数は増えていく上に、ライターとして経歴が増えれば条件のいい案件も見つかりやすくなるので、続ければ続けるほど稼げる副業になると思って大丈夫です。

 

まとめ

1日数時間の作業時間で月に数万円稼ぐ。特殊技能がいらない仕事で、Webライターほどこの目的にぴったりな副業もなかなかないのではないでしょうか。

 

クラウドソーシングサイトに登録すれば今すぐにでも始められる仕事なので、ちょっと試しにやってみるだけやってみてもいいと思いますよ。