怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

1か月2000円の娯楽費で楽しいインドアライフ

f:id:ashita_bassist:20171118173940j:plain

こんばんは、晨(@ashita_movie)です。

 

インドア派の皆さん、あなたの趣味は何でしょうか?映画?アニメ?読書?音楽鑑賞?僕は主に映画と音楽です。

 

とにかく家に引きこもっていたい、そういう僕たちみたいな人間にとっては、時に書店や図書館、レンタルDVD店に行くことすら面倒くさいですよね。

 

そして、僕たちのような引きこもり気質の人間は大抵お金もあまりありません。中古の本1冊100円、CDやDVDレンタル1つ100円でも、積み重ねれば結構な金額になります。

 

ですが今の時代、インドア派で引きこもり気質な僕たちには強い見方があります。それが、「定額見放題・聴き放題・読み放題」系のサービスです。

 

1か月の娯楽費を2000円に

僕は映画と音楽が人生の半分以上を占めてるような人間ですが、僕が家で映画を見たり音楽を聴いたりするのに使うお金は現在1か月で2,000円ほどです。

 

定額ストリーミングサービスを使うことで、数千の映画のラインナップ、数千万の音楽のラインナップからいつでもどれでも見放題・聴き放題という贅沢な状況で1か月2000円です。

 

月に数十本映画を見て、音楽を部屋で流しっぱなしにして月2,000円。もしこれをCDやDVDを借りることで再現しようとしたらこの倍額では足りないでしょう。

 

そんな僕が現在加入してる定額配信サービスはこちら。

Amazonプライム

まずはAmazonの有料会員制度「Amazonプライム」です。年額3,900円なので月額換算で325円ですね。1日の食費以下の額です。

 

この325円で、10,000作ほどの映画・ドラマ・アニメが見放題になる「プライム・ビデオ」、100万曲以上の音楽が聴き放題になる「Prime Music」、数百冊の電子書籍が読み放題になる「Prime Reading」などが利用し放題になります。尋常じゃないコスパの良さですね。

 

映画で考えても、3作観ればDVDレンタル代と同じくらいで元がとれます。僕は1日で3作観ることもあるので、一瞬で得になりますね。

 

Amazon Music Unlimited

Amazonプライムとは別で、最近Amazonが始めた新しいサービスが「Amazon Music Unlimited」です。

 

Prime Musicでは100万曲聴き放題だったのが、Amazon Music Unlimitedではラインナップが4000万曲になります。40倍です。ここまで大きな数字になるといまいち実感が湧きませんね。

 

洋楽を中心に、「これはさすがに聴けないかな」と思ったマイナーアーティストまで入ってたりするのが良いです。仕事中や作業中、くつろいでるときなど、ほとんど何かしら音楽かけっぱなしでいます。

 

これだけ聴き放題で、Amazonプライム会員なら月額780円です。CDアルバム3枚レンタルするのと変わらない料金で4000万曲が聴き放題。得しか感じません。というか逆にレンタルに損しか感じません。

 

詳しい感想はこちら

www.taida-wanted.com

 

Netflix

映像系のストリーミングサービスで僕が加入してるのが「Netflix」です。HuluやU-NEXTなどと並んで映像ストリーミングサービスの最大手のひとつですね。

 

月額980円で映画・ドラマ・アニメが見放題ですが、Netflixならではの特徴が、自社製作の映画やドラマ「Netflixオリジナル」が豊富なこと。

 

毎月数作ペースで劇場公開作やテレビ公開ドラマに引けを取らない良作がリリースされてます。一体どれだけ金があるんだNetflix。

 

映画やドラマやアニメの作品ラインナップは定番作を中心に十分な数が揃ってる上に、Netflixでしか見れない良作が豊富なのが選んでる理由ですね。

 

まとめ

上の3つのサービスを合わせて月額2,000円ちょっと。多分これで僕は一生だって退屈せずに過ごせます。

 

ストリーミングサービスは会社によって強いジャンルや作品が違うし、読書が好きな人は月額980円で12万冊の書籍と120万冊の洋書が電子書籍で読み放題になる「Kindle Unlimited」もあります。

 

インドア派にとっては、好みに合う定額サービスをいくつかチョイスすれば、月額数百円~数千円でほぼ無限に娯楽が楽しめる時代になりました。アウトドアな趣味はこうはいかないから大変ですね。

 

あなたもぜひ好みに合うサービスを選んで、優雅で快適なインドアライフを送りましょう。