怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

初心者Webライターがブログを書くメリット4つ

f:id:ashita_bassist:20171122113555j:plain

こんばんは、晨(@ashita_movie)です。

 

パソコンとインターネット環境があれば時間や場所を問わず仕事ができるWebライター。副業としてもちょっとしたお小遣い稼ぎとしても、メインの収入源の職業としても注目が集まってる仕事のひとつですよね。

 

Webライターになること自体は誰でもできます。ランサーズやクラウドワークスに登録して、未経験でもできそうな初心者向けのWebライティング案件を見つけて契約を結べばそれでもうWebライターです。

 

しかし、本当に大変なのはここからです。まだライターとしての経験がない・少ない人にとっては、実績を積み上げていくのは簡単なことではありません。

 

そんな初心者Webライターにおすすめしたいのが、自分自身のブログを書くことです。ブログといっても個人的な日記ではなく、おすすめの身近な商品や好きな本、映画、音楽を紹介するような、個人雑記メディアのようなブログです。

 

なぜ初心者Webライターにブログがおすすめなのか、そのメリットを並べていきます。

 

1.文章を書く練習になる

ブログを書く一番のメリットはこれ。

 

文章力を上達させる一番の近道は、とにかく書いて書いて書きまくることです。何万字も何十万字も書き続けることで、次第に頭の中で文を組み立てる技術が磨かれ、言い回しのバリエーションも増えていきます。

 

といっても、ただ言葉を並べるだけでいい、というわけではありません。雑記メディアとしてのブログを書くときは、必ず「読み手」のことを意識するように僕はしています。

 

本や映画のレビューを書くときは、その作品がどんなものか知りたいと思って記事を開いてくれた人に伝えるつもりで、Webライターについてのノウハウなど自分の知識を書くときも、読み手がどんなことを知りたいかを意識しています。

 

そうやって受け取り手のことを想像しながら、記事の構成を考えて、伝わりやすい文章を心がけて書く。そんな作業をブログで繰り返すことで、Webライターとしての基礎的な技術も磨かれていくでしょう。

 

「好きなことをテーマに記事を書いていい」という取り組みやすさが魅力のブログは、初心者Webライターが自分の腕を楽しく磨くには最適な場です。

 

2.自分のポートフォリオ・実績になる

そうやって記事を書き続けると、そのブログはあなた自身の文章力やどんな記事を書けるかを示すポートフォリオになっていきます。

 

本当に実績や経験がほとんどない初心者Webライターと、定期的に更新している自分の個人メディアとしてのブログを持つ初心者Webライター。あなたがクライアントならどちらを採用したいか、言うまでもありませんよね。

 

僕もWebライターとして大きな実績があるわけでも知名度があるわけでもありません(むしろまだまだ新人・駆け出しの無名ライターです)が、定期的に更新しているこの映画ブログを自分のポートフォリオとして提出することがよくあります。

www.daraku-desire.com

 

その結果としてエンタメジャンルの条件の良いライティング案件をいただいたこともあり、「定期的に更新し続けている自分のブログがある」という事実の力を実感してきました。

 

3.収入を得られる

また、ブログを続けていくメリットとして、このブログ自体が収入源になってくれる、ということもあります。いわゆる広告収入というやつですね。

 

クリックされることで自分に報酬が入る広告を張ることもできるし、記事中にAmazonなどの商品リンクを張ってそこから商品が売れたら紹介料をもらえるようなシステムもあります。

 

ブログ記事は一度書いたらなくなることなくずっと自分のものなので、上手にブログを育てていけば一定のペースで自分に収益をくれる「資産」にすることもできます。

 

4.Webライターやブロガーとのつながりができる

これはTwitterなどのSNSも併せ技として使った場合ですが、自分と同じような境遇の人、目標を持っている人との繋がりがブログをきっかけにできることもあります。

 

Webライターで自分のブログをやっている人はけっこうな割合でいる上、自分のブログがあれば「ブロガー」という大きなコミュニティの枠の中に入ることもできます。

 

僕もブロガー・WebライターとしてのTwitterアカウントがあるので、そこから同じような駆け出しブロガーやWebライターの人たちと繋がることができました。

 

そういった繋がりがあると、「いいな」と思った記事を拡散しあったり、「自分と同じような人がいる」ということで単純にモチベーションになったりします。

 

Webライターという基本的には一人きりの孤独な仕事では、同じような人たちとの繋がりは重要な支えになります。

 

まとめ

以上、「初心者Webライターがブログを書くメリット」をまとめてみました。

 

自分自身の看板として、そして不動産や株と同じような資産として、そして同じ考えを持つ人たちと繋がる出入り口として。初心者Webライターがブログを始めるメリットは盛りだくさんにあります。

 

Webライターを始めたい、という人は、ぜひそれと合わせてブログも書いてみてください。