怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

音楽活動にSNSを使う上で僕が注意している8つのこと

f:id:ashita_bassist:20171207182918p:plain

こんばんは、晨(@ashita_movie)です。

 

インターネットの発展のおかげで、今はインディーズアーティストが音楽活動をする上でこれ以上ないくらい便利な環境が整ってますよね。音源製作からライブ活動から流通から宣伝まで、大手レーベルに所属しなくても自力でかなりのところまでできます。

 

アーティストとしての宣伝や発信活動にTwitterやFacebookなんかのSNSを利用してる人も多いでしょう。僕もボカロP・バンドマンとして活動するうえでTwitterをフル活用してます。

 

上手く話題になって拡散されたり、それがきっかけでたくさんの人にフォローをもらえればそれだけで大きな宣伝の窓口になるSNSですが、使い方によっては音楽活動をする上で逆効果になることもあります。

 

ということで、僕が音楽活動にSNSを使うときに注意していることを紹介します。

 

自分のアーティストとしてのイメージを作る・壊さないための注意

1.「www」や「笑」を使わない

「自分をどんなアーティストに見せたいか」を定めて、お客さんやフォロワーさんに実際にそのイメージ通り振る舞うのはセルフマネジメントの第一歩です。

 

僕はやってる曲も暗いし素の性格も暗いので、ローテンションでネガティブで「だりぃ」みたいなキャラでいきたいと思ってます。ちなみにこれが僕の曲です。聴いてみて。歌詞がすごく暗いから。

www.youtube.com

 

そんな自分のイメージを作るために、そして壊さないために、「www」や「笑」みたいな明るそうな元気のよさそうなワードは使わないようにしてます。「!」とかもほとんど使わないですね。このブログでも使わないし。

 

あくまで僕の話なので、逆に明るいキャラでいきたい人はどんどんこういうのを使った方がいいでしょう。

 

2.下ネタを言わない

僕は人間の劣情や心の闇を歌う系ボカロP/バンドマンなので、下ネタではっちゃけるようなキャラは自分には似合わないと思ってます。なのでそういう系のことは言わないし、リツイートもしません。

 

これも人によるので、下ネタを含む面白ツイートいっぱいするキャラでいきたい人はむしろ頭をひねって面白い下ネタを連発していくべきだと思います。

 

3.プライベート過ぎるツイートをしない

僕の音楽活動アカウントをフォローしてくれてる人たちが何を知りたいかというと、「ボカロP・バンドマンの晨がどんな活動をしてるか・普段どんなことをしてるか/考えてるか」だと思います。

 

なので基本的には自分の活動のお知らせや報告をツイートするし、音楽について考えたことを呟いてみたり、たまには好きな音楽や映画、読んだ本の感想をツイートします。

 

ですが「友達の誰々と遊んだ!」みたいなツイートはしません。だってフォロワーさん誰も分からないし興味ないし。そういうのを音楽活動アカウントで言う必要はないと思ってます。

 

4.あまりにも内容のないツイートをし過ぎない

プライベートの話と少し被って、「内容がなさ過ぎるツイートでTLを埋めない」ことにも注意してます。

 

ひたすら感情を露わにするみたいに「しごおわ」「バイト行く」「だるい」「腹減った」「焼肉食べたい」「眠い」みたいなツイートを並べるタイプの人が苦手な人も多いと思います。僕もちょっと苦手です。

 

せっかく自分の音楽に興味を持ってフォローしてもらったのに、そんな意味のないツイートばかり連発しても相手のTLを埋めて邪魔になってしまうだけだと思うので、僕はそういうツイートは控えてます。

 

5.意識高い系ツイートをしない

「出会いに感謝!」「毎日前進!」のようなツイートが苦手な人も多いと思います。いわゆる「意識高い系」と言われる発言ですね。こういうテンションはものすごく受け入れられるコミュニティと完全に拒絶されるコミュニティに分かれてますよね。

 

僕みたいなタイプの音楽を作ってる人がそういうポジティブの塊みたいな発言をしてるのもおかしいと思うので、音楽活動アカウントで呟くことはありません。

 

そもそもこういうブログをやってること自体が意識高い系と受け取られてアウトかもしれないですね。なので僕はブロガーとしてのアカウントとアーティスト的な活動のアカウントを分けてます。

 

こっちが音楽活動アカウントです。

twitter.com

 

ブロガーとアーティストそれぞれの活動はあまりリンクさせていないので、興味を持ってくれた方にだけ両方見てもらえればいいかな、と思ってます。 

 

不必要に誰かと対立しないための注意

6.極力誰かを批判しない

特定の誰かを否定したり批判したり、特定のコミュニティを批判するようなツイートはしないようにしてます。

 

そりゃあ僕も人間ですから色んな事件や意見に対して否定的な感想を持つこともありますが、自分の活動のスタンスに関わるものでもない限りはそれを一人のアーティストとして声に出す意味はほとんどないと思います。

 

一人のアーティストとしてそういう世の中のことにガンガン突っ込んで発信したい人はそうするべきだと思いますが、僕はそういうタイプのアーティストじゃないので言いません。

 

7.政治的な話をしない

アメリカでは多くの俳優やアーティストがトランプ政権を批判したりと政治的な意見表明が盛んですが、日本では基本的に政治の話は受け入れられません。政治発言をしただけで拒絶されかねません。

 

仮に政治的な発言がOKな人でも、政治に対してアーティストと自分の意見が違うと、その人の作品に対しても複雑な心境で接してしまう人も少なくないでしょう。

 

言っても自己満足以外に得られるものが今のところなさそうなので、僕は音楽活動で政治的な話はしません。

 

ただ、これもアーティストのスタンスによると思います。曲の中に社会に対しての意見がガンガン出てくる人や自分の意見を声を大にして言いたい人は、むしろできるだけ広く発言していくべきなんでしょう。

 

8.宗教の話をしない

これに関しては「7」の政治の理由と同じです。

 

まとめ

以上、僕が音楽活動でSNSを使う上で気をつけている8つのことを紹介しました。あくまで僕の活動スタンスに合わせた注意なので、人によっては真逆のことをした方がいいポイントも多いですね。

 

今まで音楽活動でのSNSの使い方をあまり意識してなかった人は、ぜひご参考にしてもらえると嬉しいです。