怠惰ウォンテッド

怠惰な音楽家が送る、あなたの創作活動をちょっと楽にしたい個人メディア

ミックスが下手なボカロPがWAVESのアーティストシグネイチャーを使ってみた感想

こんばんは、晨(@ashita_bassist)です。

 

多くのDTMerにとって「ミックス技術の向上」は大きな悩みどころだと思います。作曲や編曲とは全く違う技術が必要な、音楽家というよりはエンジニアの領域にあるこの作業ですが、これが苦手で自分の作品のクオリティが今一歩上がらないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

 

僕も皆さんと同じように悩んでいました。でも今は違います。WAVESのアーティストシグネイチャーを使ったら、ミックスの悩みが簡単に解決しちゃったんです!…というと胡散臭いセールス広告みたいになっちゃいますが、実際にほんとにだいたい解決しちゃったんです。

 

なので、今回は僕が買ったWAVESアーティストシグネイチャーシリーズのChris Lord-Algeモデルをレビューしていきます。

 

「なんかすげえいい感じになった」というアバウトで感覚的なレビューになります。また、僕が基本的にバンドサウンドの音楽しか作っていないので、そっち方面の話のみになります。ご了承ください。

 

WAVES Chris Lord-Alge Signature

WAVES プラグインソフト Chris Lord-Alge Signature Series バンドル (ウェーブス) 国内正規品

著名なエンジニアの音作り・編集技術をシミュレートしたWAVESアーティストシグネイチャーシリーズ。各ジャンルに合わせていくつかの種類がありますが、その中で僕が買ったのがこのChris Lord-Algeバージョンです。

 

今までGreen DayやU2などのミックスを手掛けてグラミー賞を受賞したこともある彼のパッケージは、アーティストシグネイチャーの中で一番ロック向けです…と色んなサイトで言われていたのでこれを選びました。

 

中に入ってるもの

普通はこういったミックス用プラグインにはEQやコンプレッサー、リバーブなどがそれぞれ入っていると思いますが、このアーティストシグネイチャーには各楽器にポンっと一つかけるためのプラグインが並んでいます。

 

収録内容は

  • キックやスネアなどドラムの各パーツにかけることを想定した「CLA Drums」
  • ライン録りしたベースやギターにかけることを想定した「CLA Bass」「CLA Guitars」
  • ボーカル用の「CLA Vocals」
  • こもった音にしたり様々な音色を加える飛び道具的な「CLA Effects」
  • リバーブやディレイなど空間的な響きによりこだわるための「CLA Unplugged」

の全6種類です。

 

使い方

さて、このアーティストシグネイチャーシリーズの使い方ですが、まず各楽器に合わせたプラグインをそれぞれのトラックに挿します。

 

そしてプリセット(ハードロックっぽい設定、メタルっぽい設定、オーソドックスな設定など色々あります)から好きな設定を選び、終わりです。

 

各プラグインにはEQやコンプレッサー、リバーブ、ディレイなどが入っていて、トラックに挿した時点でそれらがもう全部かかっています。

 

プラグインをかけた時点で、Chris Lord-Algeがミックスしたような感じの音になってます。CLA DrumsのキックのプリセットをかければChrisがミックスしたキックの音に、CLA Guitarsをかければ彼がミックスしたギターの音になってます。

 

各エフェクトのつまみを極端にいじっても破綻はしません。「なんかギターの音をもう少し軽やかにしたい」とEQのBASSを適当にぐっと下げればなんかいい感じに少し軽くなります。

 

恐るべきアバウトさ・自由度の少なさですが、「プラグインを挿してプリセットを適用」という10秒の作業で僕が数時間かけて頭をかかえてミックスするより確実に格段にいい音になりました。「挿すだけでミックスが終わる」という売り文句は伊達じゃありません。

 

使ってみた結果・感想

僕がこのWAVESアーティストシグネイチャーをふんだんに使って仕上げたのが、先日ボカロPとして投稿したこの曲です。

www.youtube.com

 

ボーカルは初音ミク、ドラム音源はAddictive Drums2を使って、弦楽器類は何もエフェクトをかけず生音ライン録りしてます。

 

個人的にはギターの音がものすごく気持ちよく決まったと思ってます。

 

各トラックの設定ですが、基本的にアーティストシグネイチャーのプラグインを挿して一番ノーマルなプリセットを選び、EQやリバーブのつまみを多少自分好みの音・残響感になるよう調整しただけです。

 

ギターのみGuitar Rigをアンシュミとして使って音作りした上で、CLA Guitarsを内蔵のアンシュミはオフにしてEQやコンプ、リバーブとして使っています。また、ベースとギターのみCLA系のプラグインの後にローカットのためにEQを加えました。

 

僕がやったミックスらしい作業といえば、ギターアンシュミの音作り、初音ミクの調声、各トラックの音量バランス調整とパン振りくらいです。

 

マスタリングはiZotopeのOzone8。人工知能が2mixのオーディオデータを解析して自動でマスタリングしてくれるという、これもまた反則みたいなプラグインです。

www.taida-wanted.com

 

僕の以前の投稿曲は正直ミックスの拙さが露見してる部分が多かったと思います。音圧が出てないわりになんだか全体的に音が詰まったような感じで、広がりのない仕上がりになってしまってました。

 

それがプラグインひとつでこれだけ広がりが出せたましました。僕自身はほとんどミックスに時間をとられることなく、今までより格段に良い仕上がりを手に入れられたのも大きいです。

 

まとめ

 

このWAVESアーティストシグネイチャーを買えば、それなりのクオリティで一瞬でミックスを終わらせる反則級の技がこの先一生使えます。

 

自力ミックスの技術習得にかかる数百時間と、その時間をかけないと到達できないミックスのクオリティを数万円で買えると思えば安いなんてもんじゃないですね。

 

ある意味では邪道なプラグインですが、最初からエンジニアを目指す人でもなければこういうのを買うのは僕は全然ありだと思うタイプです。ほとんどのアーティストは結局最終的には自分以外の人にミックスを頼むわけだしね。

 

というわけで、この買い物は間違いなく大成功でした。1曲にかかる作業時間を大幅に短縮して、サウンドのクオリティがめちゃくちゃ良くなったんだから間違いなくいい買い物でした。

 

バンドマン、宅録ミュージシャン、ボカロP問わず、自力ミックスに悩んでる人には激推しの一品です。

 

僕のミックスや音作り全体の話はこちらで。

www.taida-wanted.com