怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

今まで頑張れなかったのに急に明日から全力で頑張れるわけないじゃん

f:id:ashita_bassist:20171220090657j:plain

こんばんは、晨(@ashita_bassist)です。

 

「明日から頑張る」って、いわゆる「ダメ人間」が言う定番の決意の言葉ですよね。「本当にできる奴は今日からやる」「明日やろうは馬鹿野郎」と、実行を先延ばしにする人は何も成し遂げられない人間だと叱る言葉もたくさんあります。「明日から頑張る」といって実際に頑張れる人は皆無といってもいいでしょう。

 

ですが、救いようがないことにこの「明日から頑張る」という人たちの決意、本人的にはけっこう真剣な一大決心なんですよね。だって僕も今までそうだったもん。

 

「このままじゃいけない。駄目な自分を変えよう」と真剣に悩んだ結果、「毎日全力で努力して真面目な人間になりたい」と心から願って、「明日から頑張る」と人生を左右する決意を固めるんです。そして3日後には決意したことすら忘れてるんです。

 

なんで僕たちの決意はこんなにも無意味なんでしょうか。

 

努力は筋トレ・マラソンと同じ

早い話がこれです。努力は筋トレやマラソンと同じです。

 

全く筋トレをしてこなかった人が「明日から毎日300回腕立てをしよう!」と一大決心をしたところでそれができるでしょうか。走り込む経験のない人が「明日から毎日1時間で15km走ろう!」と決意したところでそれができるでしょうか。できるわけないですよね。その人の決意の弱さとかではなく、物理的に不可能です。無理やりやらせたらきっとその人は死んじゃいます。

 

勉強や芸事なんかの努力もそれと同じです。さすがに死ぬようなことはそうそうないでしょうが、単純に脳の体力がもちません。そしてメンタルも持ちません。まず間違いなく挫折します。

 

中にはある日突然バリバリ努力を始めても続く人もいるかもしれませんが、それはその人が上手くハマれることを見つけたか、「努力しないと死んでしまう」くらいの切羽詰まった状況に陥ったかのどちらかでしょう。もしくは、本当に「努力の才能」とでも言うべき力があってロボットのように黙々と作業できる人もいるでしょう。

 

ですが、僕たちはそんな「ある日突然努力できる人」ではないですよね。今までの経験でそれが分かってますよね。

 

無理なく少しずつ努力に慣れる

そんな僕たちが努力できるようになる方法は、「毎日少しずつ努力して慣れていく」ことしかないんじゃないでしょうか。

 

僕たちは凡人です。少なくとも「努力すること」に関しては間違いなく凡人です。イチローのような努力の天才に明日からなることはできません。毎日のチーム練習の後にさらに個人練習を欠かさない…なんてできますか?僕たちには無理ですよね。

 

じゃあ僕たちができる現実的な頑張り方はどんなものか。僕たちみたいな努力下手の根性なしでもできるくらいの努力から始めて「努力筋」を鍛えていくしかありません。1日15分でも1か月続ければ、一大決心で臨んで1日目で挫折したときの努力量を遥かに上回ってるはずです。

 

結論:今まで頑張れなかったのに急に明日から全力で頑張れるわけない

結局、僕たちは「明日から頑張る」と決めてもそれを長く続けることは絶対にできません。次の日の午後にはもう堕落して、さらに次の日には挫折して「また変われなかった」と自己嫌悪に陥るだけです。

 

そんな、はっきりいって「無駄な」決意はやめましょう。それより、現実的に自分でも続けられる目標を決めて、現実的な範囲内で努力することから始めましょう。1日15分の努力から始めて少しずつ努力量を増やしたら、きっと1年後には1日に何時間も努力できるし能力的にも別人のように成長できてるはずです。

 

僕たちは明日から急には頑張れません。でもゆっくり助走をつけたら多分けっこう頑張れます。1歩ずつ以下でもいいので、半歩ずつでも1cmのすり足からでもいいからとりあえずやってみましょう。