怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

「最新作」と「代表作」のジレンマ

f:id:ashita_bassist:20180416183614p:plain

こんばんは、晨(@ashita_bassist)です。

 

音楽活動を続けていくうちに、発表作品の数は増えていきますよね。そして、それぞれの作品の売り上げだったりYouTubeでの再生数だったりはばらつきがでてきます。

 

そのうち、クオリティや公開のタイミング、運などの要素がうまく組み合わさって、他の作品とくらべて頭ひとつ注目が集まった「代表作」と言える作品も生まれます。

 

この「代表作」、クリエイターにとっては心強くありがたい存在でもあり、一方で自分の創作活動歴を縛り続けるものにもなりますよね。

 

代表作の一番強いポイントは、自分の存在をたくさんの人に認知させてくれる点です。「〇〇(代表作)の人」という覚え方をしてもらえるし、「〇〇を作ったやつです」と名乗れば活動名義よりも「ああ、あの人ね」と分かってもらえたりします。

 

そして、「評価された作品がある」ということ自体も強みです。数字が全てじゃありませんが、目に見える結果が表れてる作品は、その人の「実績」のひとつとして見られます。「ちゃんとした活動をしてる感」が出ます。

 

 

 

問題なのは、その「代表作」が「最新作」とは限らない、ということなんですよね。

 

代表作が生まれるときは、作品のクオリティはもちろんですが、「偶然その作品を好みだと感じる人の目にたくさん触れた」「多くのフォロワーさんが偶然「リツイートしてやるか」という気分になってくれた」「影響力の強い人が偶然作品をみて気に入って宣伝してくれた」といったタイミングや運の要素が強くはたらきます。

 

そういったグッドタイミングな幸運はそうそう来るものではなく、普段の何倍もの注目を集める代表作が生まれて以降、その後の作品には代表作のような注目は集まらない、ということもよくありますよね。

 

個人的には「最新作が一番出来がいい」「もっと最新作を知ってもらいたい」と思っても、「〇〇(代表作)の人ですよね!?」「〇〇(代表作)好きです!」と言われ続けることになったりします。

 

それはもちろん嬉しいことだし、自分のことを認知してもらってるというのはクリエイターとしてこの上ない喜びですが、やっぱり現在進行形で何かを目指して活動している以上、その一番最近の成果を発揮したものであるはずの最新作より、過去の作品の方が注目されてるというのは複雑に感じる部分もありますよね。

 

ここにどうしようもないジレンマを抱えてしまう人は多いんじゃないでしょうか。

 

だからどうという話はありませんが、ただ「最新作が代表作とは限らない問題、悩ましいよね」と共感してほしいだけの話でした。オチはないです。おしまい。

ジレンマ

ジレンマ