怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

「まちがいさがし」というバンドが描く「自己内省」

f:id:ashita_bassist:20180609120130p:plain

こんばんは、晨(@ashita_bassist)です。

 

先日YouTubeを徘徊していたら、たまたま聴いたバンドが自分の琴線にジャストミートするハイパー大当たりでした。それが、(多分)宮城を拠点に活動している4人組ロックバンド「まちがいさがし」です。

 

彼らとの偶然の出会いは、関連動画に出てきたこのMVでした。サムネイル画像やビジュアル的にすごくインパクトがあったわけではなく、ほんとになんとなく雰囲気に惹かれて、気まぐれでのクリックでした。

www.youtube.com

 

そしたらドンピシャ。まずサウンドが好きです。いい意味で軽い。派手さを必要としていないが故の軽さって感じ。各パートのサウンドはしっかりミニマルにまとまっていて、それが合わさって絶妙にローファイです。

 

決して派手ではない各楽器のアプローチ、その真ん中で呟くように歌う、これもまたインパクト重視ではないボーカル。この絶対的にローテンションな感じが、最高に内省的で大好きです。

 

この「内省的」というのは彼らもテーマにしているらしくて、自分の内面を見つめ続けるようなネガティブで低テンションな世界観が最大の魅力です。

 

彼らの中では代表曲的な位置づけになっている「ラヴソングに騙されて」も、ありふれた同じようなラブソングで心を動かされたふりをして日常をやり過ごし、そんな自分を冷めた目で見下ろしてるような歌詞が綴られてます。

 

誰の救いになるわけでもなく、また救いになる気もないような、まさに「自己内省」的な曲ですよね。

 

 

www.youtube.com

彼らの最新MVとなっている「生活はその日のために」も、先ほどの「ラヴソングに騙されて」のようなシニカルな目線とは別の目で自己の内面を見つめています。

 

大人になっていくほど「あのときは良かった」「いつかいいことある」といった言葉を漏らしてしまうのは、傍から見ると、ぐらつく人生観を支えるために細くて頼りない支柱を足していくような虚しい行為です。

 

でもそんな言葉を重ねて、いつか来るハッピーエンドのときに「このためだったんだよ」といって救われようとしてしまうのは、大して明るくもなく変化も感動もない、長い長い「大人」という時間を生きていくためには仕方ないことなのかもしれない、と思わされます。

 

「生活はその日のために」というタイトルも、本当にくるかも分からない「その日」のために生きていく虚しさを笑ってるみたいで切ないです。心が「ずーん」と来ますね。

 

www.youtube.com

個人的にはこの曲が一番響きました。

 

知らないまちで始める新生活。それは新しく「日常」を作っていくともいえる行為ですが、そんな新しい日常の裏には必ず、終わった過去の「日常」もありますよね。

 

次の日常に慣れていくほどに、過去の日常について「忘れていく」ことについては、誰もが「昔のことだいぶ忘れちゃったなー」と意識してるでしょう。ですが、その先の、忘れていくことが「どうでもよくなる」という感情まで意識してきた人は少ないんじゃないでしょうか。

 

石にかじりついてでも持ち続けようとした夢や、世界中を敵に回しても愛そうなんて思った好きな人のことも忘れて、それをどうでもいいと感じるようになっていく。よく考えたらすごく哀しいのに、それを哀しいと思う感情すら一緒に消えていく。

 

そんなストーリーが誰にでもあるということに気づかされて、これも聴いていて「ずーん」と切ない気持ちに落ちてしまいました。

 

 

 

MV公開がメインで、あんまり外に露出するような活動はしてないみたいですが、そのMVの一作一作が印象的で、「まちがいさがし」というバンド名とともに強烈に印象に残ります。

 

この先どんなふうに活動が発展していくのか楽しみなバンドです。

 

ラヴソングに騙されて

ラヴソングに騙されて

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

www.taida-wanted.com

www.taida-wanted.com

www.taida-wanted.com