怠惰ウォンテッド

映画の感想とか音楽活動とか 怠惰に平和に暮らしたいだけ

映画(ホラー)

【コスパ最高】低予算なのに大ヒットしたホラー映画10選

幽霊や超常現象、殺人鬼など、ゾッとする恐怖を感じさせてくれるホラー映画。 このホラー映画、実は映画界では「低予算でもヒットが狙えるジャンル」として知られています。製作費が少なくてもクオリティ高く作れて、さらにうまく話題になれば大作並みのヒッ…

「走るゾンビ」が出てくる全力疾走ゾンビホラー映画おすすめ10選

昔は「ゾンビ=ノロノロ歩きの動く死体」というイメージだったのが、今では「ゾンビが走る」というのは当たり前のことになりました。 全力疾走でゾンビの群れが迫ってくる姿は、ホラー映画としてもアクション映画としても迫力たっぷりです。 そんな「走るゾ…

【グロいのに】コメディ系ゾンビ映画のおすすめまとめ【笑える】

昔はマニアックなB級ジャンルだった「ゾンビ映画」も、今ではすっかり人気ホラージャンルになって。 そんな中で、「コメディ路線のゾンビ映画」がどんどん増えて、一大ブームになってます。 意外と相性のいい「コメディ×ゾンビ」な映画のおすすめをまとめて…

「ドーン・オブ・ザ・デッド」感想 走るゾンビの原点であり頂点(ネタバレあり)

今では当たり前になった「走るゾンビ」も、出てきた当初は「ゾンビはノロノロ歩いてなんぼじゃろ!」という声もあったりして、賛否両論でした。 そんな「全力疾走で走るゾンビ」というスタイルを知らしめたのが「ドーン・オブ・ザ・デッド」です。 一応これ…

「フローズン」感想 絶妙にリアルなところが痛くて恐い(ネタバレあり)

ワンシチュエーションスリラーの一番重要なポイントは「痛みと恐怖に感情移入できるか」だと思うんです。 映画を観ていて「もし自分がこんな状況になったら嫌だあ~!うわああ痛そう~!」と思えるかどうかがこの手の映画の評価を分ける最大の要因でしょう。…

「ジグソウ:ソウ・レガシー」感想 予想以上に安定したクオリティ(ネタバレあり)

ホラー映画の歴史に名前を刻むご長寿シリーズ「ソウ」。 1作目はワンシチュエーションスリラーの先がけとして話題になりましたが、その後の続編はだんだんグロテスクさが増して「ゲーム」のインパクト重視のショック映画に。ホラーファンからの評価も賛否両…

「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」感想 熱意と予算にセンスが追いつかない(ネタバレあり)

世間では「駄作」の烙印を押され、エイリアン・プレデターシリーズのファンですら今ではほとんど話題にも挙げなくなった2007年公開の映画「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」。 ですが、個人的には嫌いじゃありません。むしろけっこう好きかも。細かい演出か…

「ディストピア パンドラの少女」感想 新しい"ゾンビたちの世界"を見せた怪作(ネタバレあり)

昔はマニアックなB級ジャンルだった「ゾンビ映画」も今ではすっかり市民権を経て、ハリウッド大作が作られたり、邦画でも「アイアムアヒーロー」のような大作が出てきたりと盛り上がってきました。 ですが、そんな中で「ゾンビがはびこる世界」の表現もマン…

【レビュー】「ザ・サイレンス 闇のハンター」は「クワイエット・プレイス」への対抗馬なのか

2019年4月にNetflixオリジナルとして配信が始まった映画「ザ・サイレンス 闇のハンター」。音に敏感な化け物がはびこる世界での、家族のサバイバルを描いたパニックホラーです。 この概要だけ聞くと、賛否両論を呼んだ2018年のホラー映画「クワイエット・プ…

【レビュー】「ブラック・サマー: Zネーション外伝」はゾンビ史に残る大傑作かもしれない

2019年4月11日よりNetflixで配信が始まったドラマ「ブラック・サマー: Zネーション外伝」。 タイトルからも分かるように、人気ゾンビドラマ「Zネーション」のスピンオフとなるこの作品。まだゾンビウイルスが蔓延する前の、アメリカが崩壊していく様が描かれ…

【続編中止】「ワールド・ウォーZ」だけじゃない ド派手なゾンビ映画大作おすすめ10選【追悼】

ハリウッドスターのブラッド・ピットを主演に迎え、製作費に200億円をかけて公開された「ワールド・ウォーZ」。B級扱いされることが多いゾンビ映画としては、異例の大作として話題を集めました。 ド派手なアクションシーン、世界規模のスケールの大きさ、津…

妊婦さんは絶対見ちゃいけないホラー映画3選

映画の中で守られる定番の存在といえば、「子ども」ですよね。アクション映画やホラー映画などでも基本的にひどい目に遭うことが少なく、特にハリウッド映画などではどんな大惨事が起きても子どもが死ぬ直接描写は皆無といってもいいでしょう。 そして、映画…