怠惰ウォンテッド

映画の感想とか音楽活動とか 怠惰に平和に暮らしたいだけ

【ライブ動画】ちょっとした動画は「Aviutl」で編集・自作してしまおう【ボカロ曲】

f:id:ashita_bassist:20180430001733j:plain

音楽活動をする上で、YouTubeなどの動画サービスの活用はもはや必須になりましたよね。

音源のトレーラー(クロスフェード)やリリックビデオなんかを作ってアップしたり、バンドやシンガーソングライターであればライブや弾き語りの動画を公開したりすると思います。

他にも、ボカロPだったら自分のボカロ曲を動画の形にして投稿したり、宅録アーティストも「SoundCloudだけじゃなくてYouTubeにも曲を公開したい!」と思ったら動画を作る必要があったりと、動画制作の技術があると便利な場面はめちゃくちゃ多いです。

そんなときに、ちょっとした動画なら自分で作ってしまえれば楽ですよね。そんな人におすすめしたいのが、最強のフリー動画製作ソフト「Aviutl」です。

 

「Aviutl」とは

 Aviutlは、完全無料で使えてめちゃくちゃ多機能(できない表現は多分ほとんどない)で、フリー動画ソフトの中でも最強として名高い無敵の編集ソフトです。

使用者人口もかなり多いので、基礎から高度な表現まで丁寧に解説されてるサイトがたくさんあるのもいいポイントです。

詳しい使い方は僕がいちいち説明するまでもなく素晴らしく分かりやすく解説されてるサイトがたくさんあるので、そちらをご参考に。初めて使う人はまずこちらを読むべし。

aviutl.info

直感的に使えて、サクサク軽く動作して、手作り動画のクオリティがグッと上がるので、ミュージシャンにとっても必須アイテムといっていい便利なソフトです。

 

実際にAviutlで作った動画の例

「Aviutl最強」と口で言われるより、実際にその編集能力を見るのが一番実感しやすいですよね。というわけで、いくつか僕がAviutlで作った動画を紹介します。

www.youtube.com

こちらは僕のバンドのCDトレーラーですが、全部Aviutlで作りました。どうですか?けっこうそれっぽくなってるんじゃないでしょうか。

僕は全Aviutlユーザーの中でも編集技術はかなり未熟な方だと思いますが、そんな僕でもこのくらいは作れました。

ちなみに、僕のバンドのTwitterアカウントはこちら。もしお気に召したらフォローいただけると嬉しいです。

もうひとつ、僕がボカロPとして作った動画がこちらです。

www.youtube.com

一枚絵をメインに文字を動かすタイプの動画ですが、このくらいのシンプルなものだったらAviutl初心者でもすぐ作れるようになると思います。

 

 

僕の動画編集技術だと今のところシンプルなもの限定になりますが、もっと凄い人はかなり本格的なMVなんかも作ってあります。これとかすごくかっこいいよね。

www.youtube.com

フリーソフトでこれだけ自由度高く動画を作れるなら、ネットクリエイターの間でAviutlが人気なのも納得ですよね。

 

「Windowムービーメーカー」より優れもの

「無料で使える動画編集ソフト」と聞くと、Windowsユーザーは「Windows ムービーメーカー」が思い浮かぶかもしれません。

「曲に画像を合わせてそこに文字を表示させるくらいなら、ムービーメーカーでいいじゃん!」と思うかもしれませんが、使ってみるとこの2つにはめちゃくちゃ大きな差があると分かります。

文字の表示ひとつとっても、表示させる位置、向き、フェードインやフェードアウトなどの特殊効果と、調整できる自由度や正確さがまったく違います。1枚絵メインの動画でも、絵の一部をアップして動いていくようなカットも作れたりして、一気に動画の動きをつけることができます。

何より、ムービーメーカーで作った動画って、あんまり良くない意味で「あ、これムービーメーカーで作ったな」という独特の雰囲気がありませんか?Aviutlを使えば、その「ムービーメーカーくささ」をなくして動画全体のクオリティを一回り引き締めることができます。

導入と基礎的な操作法の習得だけちょっと手間になりますが、ムービーメーカーを使っている人は、シンプルな動画しか作らないとしてもAviutlに乗り移る価値が十分あります。

 

まとめ

ひたすらAviutlを推す記事になりましたが、どうでしたか?Aviutlがいかに良いか、僕の気持ちは伝わったんじゃないでしょうか。

「自分の音楽活動を知ってもらうためにYouTubeに色々投稿してみたかったけど、どうすればいいか分からなかった」という人や、「ボカロ曲とかアップしてみたいけど、動画作りってめんどくさそう」と思っていた人は、是非一度Aviutlにチャレンジしてみてください。