怠惰ウォンテッド

映画の感想とか音楽活動とか 怠惰に平和に暮らしたいだけ

YouTubeからTwitterフォロワーを増やす簡単で意外な方法

f:id:ashita_bassist:20190904185400p:plain

ミュージシャンやYouTuber、お笑い芸人など、「YouTubeとSNSを活用して創作活動をする」というスタイルは今の時代かなり一般的になっていますね。

そして、誰かにYouTubeで作品やライブの映像を観てもらったときに、視聴者をTwitterなどのSNSに誘導してフォローをもらい、今後も注目してほしい…と考えている方も多いと思います。

ですが、この「動画を観た人にYouTubeからTwitterに飛んでもらう」というのは意外とハードルが高いことだったりします。YouTubeの再生数やチャンネル登録者数はまあまあ増えてるのに、そっちの知名度向上がTwitterに反映されない…ということも多いのではないでしょうか。

このことに関して、僕が気づいたちょっとした工夫をご紹介します。

 

 

YouTube概要欄は意外と見られない

YoutubeからTwitterに飛んでもらう確率を高めるうえで、一番重要なのはもちろん「Twitterなどへのリンクを貼る場所」です。

多くの方はこのリンクを「動画の概要欄」に貼るのではないでしょうか。

個人的な主観ですが、動画の概要欄に貼られたTwitterリンクはこちらが思っているほど見られていないように思えます。というか、そもそも動画の概要欄自体が意外と開いてもらえない印象です。

概要欄の下の方にTwitterリンクを貼っている場合は、そもそも詳細を開かれることもなく、したがってTwitterリンクがあることすら気づいてもらえていないことも多いでしょう。

 

YouTubeにTwitterリンクを貼るなら「コメント欄の一番上」に

「YouTubeの動画の概要欄は意外と読まれない」と気づいて、僕はTwitterのリンクを貼る場所を「コメント欄の一番上」に変えました

動画の投稿者はコメント欄の一番上に固定するコメントを選ぶことができますよね。僕は自分のコメントでTwitterアカウントのURLを貼り、それをコメント欄の一番上に固定するようにしてます。

その結果、YouTubeの動画をきっかけにTwitterまで飛んできてフォローしてくれる人が、体感ですがおよそ3倍~5倍くらいになりました。

たったこれだけの工夫ですが、概要欄は見なくてもコメント欄は見る、という人は多いみたいで、目に見えて効果を発揮してます。たぶん「他の人が動画にどんな反応をしてるのか気になる」という人は多いんでしょうね。

 

 

まとめ

「ほんのちょっとの工夫が大きな効果を生む」という例は色々聞きますが、YouTubeとTwitterの連携についてこんな簡単で意外な方法があったのは自分でも驚きました。

ほんとにちっちゃなことだし誰でもすぐにできる方法ですが、だからこそとりあえず試してみる価値はあるんじゃないでしょうか

YouTubeのコメント欄を宣伝に使うことに抵抗がない場合に限りますが、有効な手だと思います。

 

www.taida-wanted.com

www.taida-wanted.com