怠惰ウォンテッド

映画の感想とか音楽活動とか 怠惰に平和に暮らしたいだけ

【仕事】引きこもりでもできる在宅ワーク3選【実践済み】

f:id:ashita_bassist:20191013130253j:plain

「在宅ワーク」。それは、いろいろな理由で外に出られない人、人付き合いが苦手な人にとっては夢のような響きを持つ言葉です。

外では働けないけど、在宅ワークで少しずつでも収入がほしい、と思っている方は多いのではないでしょうか。

というわけで今回は「僕が実際にやってみて、現実的にいけそうだと思った在宅ワーク・アルバイト」を3つ紹介します。

どれも「できる範囲で、小銭程度でも稼ぎはじめたい」という方におすすめのお仕事です。

在宅ワーク①クラウドソーシングでお仕事(データ入力・ライティングなど)

いちばんおすすめなのが、「インターネット上で仕事したい人」と「仕事を依頼したい人・企業」を仲介してくれるクラウドソーシングサービスに登録して、案件を受注する働き方です。

この「クラウドワークス」のようなサービスでアカウントを作れば、サイト内に並んでいるお仕事を受けてお金を稼げます。

サイト内に並んでる案件は専門的で難しいものもありますが、「ドラマや映画の感想・レビュー募集!」「お店の情報などを調べてデータ入力」などの簡単なものも常にたくさんあります。

簡単な案件ほど単価も安い(レビューを500文字書いて100円、とか)ですが、今日からちょっとずつでも稼げるのが最大の魅力です。

僕はこのクラウドワークスでフリーのWebライターとして仕事を始めて、今ではバイトも辞めて専業フリーランスとして稼げるようになってます。コツコツ頑張れば結果がいちばん出やすい在宅ワークじゃないでしょうか。

僕が在宅Webライターで月10万円稼ぐまでの具体的な道のりを語る - 怠惰ウォンテッド

 

在宅ワーク②ココナラで特技を売る

クラウドワークスと似たような感じのサービスで、自分の特技やできることを「出品」して、仕事を受けることで報酬をもらう、という「ココナラ」があります。

これは自分で「文章書きます」とか「イラスト書きます」とか「動画編集します」とかの特技に価格を設定して出品して。その特技で何かをしてほしい人に買ってもらう、という稼ぎ方ができるサービスです。

なかには「あなたの好みを聞いておすすめの映画10作紹介します」とか「あなたの運勢を占います」みたいな出品もあって、できることの幅はかなり広いです。

クラウドワークスと比べるとやや変則的で難しいかもしれませんが、何か特技がある方ならある程度まとまった収入を得られるチャンスがあります。

 

在宅ワーク③ブログやWebサイトを作って広告収入

これが一番稼げるようになるまで時間がかかりますが、「誰にでもある程度できて、安定して稼げる」という点では最終的には一番いい在宅ワークだと思います。

ブログを作って、自分の好きなことや詳しいこと(アニメでもゲームでもスポーツでも何でも)について、レビューやまとめ記事、考えたことのコラムなど好きなことを書いていくだけ。

そこに広告を貼って広告収入を得る、という稼ぎ方です。

何かの分野について詳しい知識がある人は、情報をまとめた「お役立ちWebサイト」的なものを作る、という手もあります。

今は初心者でも簡単に本格的なWebサイトを作れるサービスもあるし、僕が使ってるこの「はてなブログ」のようなブログサービスもたくさんあります。

ブログ・サイト運営が軌道にのるまではなかなか収益が出ませんが、「一度書いた記事はずっと自分のもの」「アクセスが増えれば、放っておいても記事がお金を稼いでくれる」という長期的なメリットが大きいです。

【収益化】「ブログでお金を稼ぐ」ってどういう仕組みなのか解説します【方法】 - 怠惰ウォンテッド

「とりあえずブログを始めてみたい」という方は、色々なブログサービスがありますが、ひとまずこのはてなブログでアカウントを作ってみるといいと思います。シンプルで分かりやすいし。

 

まとめ

以上、僕が実際にやってみて「これなら堅実にコツコツ稼げそう」と思った在宅ワークをご紹介しました。

どれも現実的にちゃんとお金になるけど、「短期間で簡単にドカンと稼ぐ」みたいなことはできません。

ですが、長く続けてスキルを磨いたり、実績・結果を積み重ねれば確実に収入が増えていくものです。

とりあえずちょこっとでも手をつけてみて、自分に合いそうなものを探してみましょう。