怠惰ウォンテッド

映画の感想とか音楽活動とか 怠惰に平和に暮らしたいだけ

Netflixで観れるパニック映画おすすめ20選

f:id:ashita_bassist:20171118173940j:plain

今や映画系サブスクリプションサービスの最大手になったNetflix。「加入を考えてるけど、どんな作品があるか前もって知りたい」「加入してみたけど、どの作品から観ればいいか迷ってる」という人も多いと思います。

というわけで、Netflixで配信されてる作品の中から、今回は「パニック映画」にジャンルを絞っておすすめ作品をまとめました。

※ラインナップは2020年3月時点でのものになります

災害パニック系

彗星衝突で人類滅亡の危機:ディープ・インパクト

ディープ・インパクト [DVD]

「巨大な彗星が地球を直撃することが分かり、人類絶滅の危機が迫る」という状況の中で、人類存亡のために選ばれた人々を保護するシェルター建設を急ぐ政府、危機を報じるマスコミ、パニックに陥る市民をさまざまな視点から描く群像劇。

前半~中盤をかけてじっくりと描かれる重厚な人間模様が見どころで、災害パニック映画としては珍しくヒューマンドラマ色がかなり強めです。

クライマックスでは遂に彗星落下が起こりますが、濃い人間ドラマがあるからこそ災害シーンのショッキングさが増してます

 

転覆した豪華客船からの脱出:ポセイドン

ポセイドン (字幕版)

1970年代を代表するパニック映画「ポセイドン・アドベンチャー」を現代風にリメイクした映画。豪華客船の転覆と船内からの脱出が、リアルなCGで豪快に描かれます。

船が舞台ということもあって、迫りくる海水で息が詰まるようなパニックシーンの連続。水が怖い人や閉所恐怖症の人にとってはトラウマレベルの描写もあります

細かいドラマ性を抜きにして、とにかく「派手なパニックアクション」をたくさん楽しみたい人におすすめ。

「ポセイドン(2006)」感想 パニック映画としての迫力はガチ(ネタバレなし) - 怠惰ウォンテッド

 

ハリケーンの猛威を間近で目撃:イントゥ・ザ・ストーム

イントゥ・ザ・ストーム(字幕版)

アメリカのとある田舎町を襲うハリケーン災害を、町の住民たちとハリケーン調査チームの2つの視点で描く作品。

パニック映画としては珍しく「手持ちカメラや防犯カメラの視点のみで描かれる」というPOV手法を撮っていて、だからこそ災害現場の中に飛び込んだような臨場感があります。

人も車も建物も破壊して、ジャンボ旅客機すら巻き上げる巨大ハリケーンの描写は圧巻です。

 

津波被害のリアルを生々しく描く:インポッシブル

インポッシブル [DVD]

タイのビーチに観光に来ていた家族が、スマトラ島沖地震で発生した津波被害に巻き込まれる様を描くパニックヒューマンドラマ。

実話をベースにしているだけあって津波描写のリアルさは半端じゃなく、「木や岩、瓦礫を含んだ波が人間をズタズタに引き裂いていく」という現実の津波の恐ろしさを見せつけてきます。かなり痛ましい傷の描写もあって、直視するのが辛いシーンも多め。

津波の爪痕、パンクする医療機関、助け合う人々など災害のリアルを生々しく見せつける描写が印象的で、津波で離ればなれになった一家が再会を果たすまでのドラマは涙なしには観られません。

 

ノルウェー発の異色津波パニック:THE WAVE / ザ・ウェイブ

THE WAVE/ザ・ウェイブ(字幕版)

日本ではあんまりなじみのないノルウェー映画。テーマは津波被害ですが、「谷間の大河に土砂崩れがなだれ込むことで発生する津波」という珍しいパターンの作品です。

津波による災害描写のCGはハリウッド大作と比べても遜色ないリアルさで、「土砂崩れの揺れを観測した→ということはあと10分で巨大津波が来る!」と分かった上での緊急避難など、緊張感のあるシーンの連続です。

ちょっとレアな災害パニック映画として一見の価値ありです。

 

本格地震パニックの怪作:カリフォルニア・ダウン

カリフォルニア・ダウン [DVD]

「ジュマンジ」などでおなじみのドウェイン・ジョンソンが主演の災害パニックアクション映画。カリフォルニアを未曽有の大地震が襲う中で、街に取り残された家族を救うためにレスキュー隊員の主人公が奔走します。

ハリウッドのパニック大作らしく豪快な破壊描写が多めで、ストーリーも爽快さ重視のご都合主義ですが、日本の3.11以降に作られた作品ということもあって後半の津波シーンはかなりリアル寄り。「波の高さではなく、水圧や濁流で津波の被害が広がる」という描写がメインになっていて、本当の津波の恐さを体感させます。

「カリフォルニア・ダウン」感想 ドウェイン・ジョンソンが頼もしすぎる(ネタバレなし) - 怠惰ウォンテッド

 

"人災"がもたらす恐怖:バーニング・オーシャン

バーニング・オーシャン(字幕版)

アメリカの石油掘削施設で実際に起こった大火災を、マーク・ウォールバーグ主演で描いた作品。

火災の原因が「会社の重役が現場に圧力をかけて、安全基準を無視した作業を行わせた」という最悪なケースで、油断が死を招く人災の恐さをまざまざと見せつけてきます。

巨大な掘削船を丸ごと吹き飛ばす大爆発のシーンはあまりにも凄まじくて、「大迫力」と軽々しく言うのがためらわれるレベル。観ているだけで熱風が伝わってくるようで、"火"への本能的な恐怖を感じさせられます

 

森林消防隊の戦いを描く実話:オンリー・ザ・ブレイブ

オンリー・ザ・ブレイブ [DVD]

アメリカのとある町の、森林火災(山火事)専門の消防チームの奮闘を描いた映画。

火災への対応も迫力たっぷりに描かれますが、中盤まではどちらかというと「若手隊員の成長ストーリー」を中心としたチーム内の人間模様がメイン。これがヒューマンドラマとして純粋にかなり面白いです。

後半では凄まじい大火災との戦いが描かれますが、「これが本当に実話なのか……」と驚いてしまう予想外の展開を迎えます。事前に一切のネタバレを読まずに観ることをつよくおすすめします

僕もレビュー記事を書いてますが、未見の方は読まない方がいいです↓

「オンリー・ザ・ブレイブ」感想 "誰が死んだのか"を重厚に描く傑作(ネタバレ全開) - 怠惰ウォンテッド

 

NASAも認めたおバカ災害パニック映画:ザ・コア

ザ・コア [DVD]

「地球の核(コア)が機能停止しようとしてる→コアまで特殊車両で向かって核爆弾で再活性化させよう!」というぶっ飛んだストーリーの異色パニック映画です。

地軸が狂うことによる災害シーンや主人公たちがコアを目指す中でのサバイバルなどパニック的な見どころはかなり豊富ですが、ストーリーはツッコミどころ満載。アドバイザーとして製作に参加したNASA職員を絶句させたというエピソードもあって、まさにNASAのお墨付きのおバカ災害パニック映画です。

 

"原発事故"の恐怖を描く韓国産パニック:パンドラ

www.youtube.com

韓国発、「地震で原子力発電所が大爆発してメルトダウンを起こす」という災害パニック映画。東日本大震災を知る日本人としては、無心では観られない作品ですね。

原発事故の凄惨な描写はもちろん、大パニックに陥る市民、事態を掌握しきれない政府など社会の混乱のシーンは生々しいリアルさがあって圧巻です。

日本では今のところNetfliX配信でのみ観れるみたいなので、ぜひ一度チェックしてみてください。ただ、原発事故を間近で体感した人にとってはショッキングな部分もあるかもしれません。

 

モンスター・感染パニック系

ブラピ主演のゾンビパニック大作:ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ (字幕版)

ブラッド・ピット主演で、ゾンビ映画としては異例の2億ドルという製作費をかけて作られたゾンビパニック映画

アメリカをはじめ世界各国がゾンビウイルスの急速なパンデミックに襲われる様を、空前のスケールで描いた大作です。

最大の見どころはとにかく豪快なゾンビの暴走シーンで、ゾンビの群れが津波のように膨れ上がって防壁や車をなぎ倒しながら迫ってくるシーンは凄いインパクト。「ゾンビ映画」というジャンルの常識を覆す派手さです。

『ワールド・ウォーZ』の原作は映画と全然違うって知ってた? - 怠惰ウォンテッド

 

キング・オブ・トラウマ映画:ミスト

ミスト (字幕版)

スティーヴン・キングの小説を原作に、町を包む謎の霧と、霧の中に潜む"何か"に襲われる人々を描いたパニックホラー映画。

未知のモンスターが霧の中から現れて襲ってくるパニックシーンはもちろん、未曽有の危機の中で平常心を失って暴走していく生存者たちの描写も見どころ(むしろそっちがメインかも)。「モンスターより人間の方が怖くね?」と思ってしまうこと間違いなしです

あまりにも衝撃的なラストは映画ファンの間では有名で、「バッドエンドな映画ランキング」などでもトップ常連のキング・オブ・トラウマ映画となってます。

【バッドエンド】結末以外でも「ミスト」が救われない4つの理由(ネタバレあり) - 怠惰ウォンテッド

 

超王道エイリアンSFホラー映画:ライフ

ライフ (字幕版)

火星から探査機が持ち帰ったサンプルに、史上初となる地球外生命体を確認。宇宙ステーションのクルーたちが調査を始めるも、その生命体がいきなり襲いかかってきて……というSFホラーパニック映画。

「宇宙ステーション」という逃げ場のない空間で極限のサバイバルがくり広げられる、現代版「エイリアン」のような作品です。

スケール的には小ぢんまりした作品ながら、生命体とのバトルや宇宙のCG描写はさすがのハリウッドクオリティ。キャストもライアン・レイノルズやジェイク・ジレンホール、真田広之とかなり豪華で、見ごたえばっちりです。

「ライフ」感想 新時代の傑作エイリアン映画(ネタバレあり) - 怠惰ウォンテッド

 

Netflixオリジナルの怪物パニック:ザ・サイレンス 闇のハンター

www.youtube.com

Netflixオリジナル作品のひとつ。「音に反応して襲ってくる化け物から逃げる」という、某クワイエット・プレイスを彷彿とさせるモンスターパニック映画です。

こちらはテイストが少々異なっていて、「平穏な日常が壊れて徐々にパニックが広がっていく」というお話。B級寄りのストーリーながら、パニック映画の王道要素をコンパクトに詰め込んだ良作に仕上がってます。さすがNetflix。

【レビュー】「ザ・サイレンス 闇のハンター」は「クワイエット・プレイス」への対抗馬なのか - 怠惰ウォンテッド

 

ウイルス感染パニックの硬派な傑作:コンテイジョン

コンテイジョン (字幕版)

「中国で発生した新種のウイルスが世界に広まってパンデミックを引き起こす」という、どこかで聞いたことがあるストーリーのウイルスパニック映画。

この手の映画としては珍しく、ウイルス自体の猛威よりも「パニックに陥る市民、事態収拾に追われる医療機関や研究機関、デマを煽るジャーナリスト」など社会の混乱を描く群像劇になっていて、まるでシミュレーションでも見ているかのようなリアリティが見どころです。

2011年の映画ですが、現実と重なりすぎて2020年になってまた注目を集めています。「新種ウイルスが流行ってもパニックにならないためのお勉強」としてふつうに参考になる作品なので、今こそ一度手に取ってみましょう

「コンテイジョン」感想 リアルとエンタメのさじ加減が絶妙 - 怠惰ウォンテッド

 

「パラサイト」監督の初期の代表作:グエムル -漢江の怪物-

グエムル-漢江の怪物-(字幕版)

「パラサイト」でアカデミー賞を獲得して話題になったポン・ジュノ監督の、初期の代表作のひとつ。化学物質で突然変異を起こして生まれた化け物が、漢江流域で暴れまわる様を描きます。

モンスターパニック映画としての完成度の高さはもちろん、ジュノ監督らしく社会風刺を取り入れたブラックユーモアも見どころ。今の彼の作風にも通じる面白さがあります。

 

一人称視点で描く怪獣パニック:クローバーフィールド HAKAISHA

クローバーフィールド/HAKAISHA (字幕版)

マンハッタンに突如上陸した巨大生物が暴れまわる様を、逃げ惑う市民の手持ちカメラの視点で描いたパニック映画。

怪獣パニック系の作品ですが、「ビルを破壊しながら突き進む化け物を真下から見上げる」というシチュエーションの臨場感が半端じゃありません。そこら中に瓦礫が飛び散る中で必死に逃げる感覚をリアルに味わえます

続編にあたる「クローバーフィールド・パラドックス」もNetflixオリジナルとして配信されているので、併せて是非チェックしてみてください。

 

サメVSジェイソン・ステイサム:MEG ザ・モンスター

MEG ザ・モンスター(字幕版)

深海で生き延びていた太古の巨大ザメと海洋研究チームが戦うパニック大作。ハリウッドが誇るセクシーハゲことジェイソン・ステイサム様が、バカでかいサメとガチンコで死闘をくり広げるシチュエーションで話題になりました

すごいB級っぽいサメパニックを、ハリウッドらしい特大スケールで描くという超贅沢映画です。「モンスターパニック」というジャンルのひとつの究極系として楽しめます。

 

古典SFホラーの現代的続編:遊星からの物体X ファーストコンタクト

遊星からの物体X ファーストコンタクト(字幕版)

古典SFホラーの名作「遊星からの物体X」の前日譚となる作品。南極で発見された氷漬けのエイリアンが、突如蘇って南極基地の隊員たちに襲いかかります。

「細胞レベルで人間をコピーしてその人に成りすます」というエイリアンの驚異の習性が最大の見どころで「自分たちの中の誰かが実はエイリアン…?」という疑心暗鬼の要素がよりハラハラさせてくれます

グチャグチャドロドロのエイリアン描写もなかなかエグくていい感じで、昔ながらのホラー映画と今どきのサバイバルパニック映画のいいところを併せ持った良作です。

 

B級モンスターパニックの隠れた良作:地獄の変異

地獄の変異 [DVD]

探検家チームが洞窟内に閉じ込められてしまい、さらにそこには未知のモンスターがいて……というコテコテの王道B級パニック映画。

内容はB級全開ですが映像面ではかなり本格的に仕上がっていて、モンスターの造形やCGによるリアルな襲撃シーン、さらには意外なストーリー展開と、見どころが多くて楽しませてくれます

モンスターパニックが好きなら、一度は観る価値のある隠れた良作です

 

まとめ

以上、頭を空っぽにして楽しめるアホアホなB級作品から、真面目に考えさせられる名作まで、色んなタイプのパニック映画をまとめました。

Netflixでパニック系の映画を観たいときは、参考にしてみてください。