怠惰ウォンテッド / 映画レビューを淡々と

映画の感想やおすすめ作品を書いていきます 怠惰に平和に暮らしたいだけ

「ドミノ 復讐の咆哮」 いくらなんでも演出が古臭すぎる(ネタバレあり感想・評価)

巨匠ブライアン・デ・パルマの久々の監督作で、ハードボイルドなクライムサスペンス。そんな売り文句からのあまりの面白くなさに愕然とさせられました。 ヒッチコック作品みたいな昔の映画演出へのオマージュとしてもただただダサいと思ったし、ストーリーの…

ニコラス・ケイジ主演映画「ザ・ビースト」の字幕にミスがあったんだけど!!(ネタバレなし感想・評価)

今やすっかりB級俳優になってしまったニコラス・ケイジですが、ときどき個性的な珍作に出演していたりもして、「おっ?」と気になって観てしまうこともあります。 本作「ザ・ビースト」もそんな珍品のひとつ。貨物船の中で殺人鬼と猛獣が脱走してしまって大…

「タイムリミット 見知らぬ影」 ゲオ独占レンタルまさかの当たり作(ネタバレあり感想・評価)

ゲオ先行レンタル作品ってだいたい45点~55点くらいの微妙な面白さの作品が多くて、自分の中では「珍品のB級映画枠」みたな扱いなんですよね。 この「タイムリミット 見知らぬ影」もそんな作品だろうと思って何気なく観始めたら、これがビビるくらいめちゃめ…

「アクアスラッシュ」 ジャケットのインパクトが全て(ネタバレあり感想・評価)

どう見てもしょぼいB級映画なのに、ジャケットのインパクトが強すぎてホラー映画ファンの間でちょっとだけ話題になったこの作品。 僕もこのジャケットのあまりにもバカバカしいシチュエーションが気になりすぎてわざわざ新作で観てしまいましたが、感想は………

「ゴースト・キラーズ ー血塗られた少女の謎ー」 汚いだけで笑えない(ネタバレあり感想・評価)

GEO先行レンタル作品って微妙なB級映画が多くて当たり外れが非常に激しいんですが、その中でも「コメディ寄りのホラーやパニック映画」はそれなりに面白いものが多いイメージです。 が、この「ゴースト・キラーズ ー血塗られた少女の謎ー」はその点でもちょ…

「エンテベ空港の7日間」 演出の狙いがぶれてるように感じた(ネタバレあり感想・評価)

「実際の人質救出作戦を映画化」というノンフィクション作品の代表格は、やっぱりアカデミー賞も獲得した「アルゴ」ですよね。 イスラエル政府によるハイジャックテロへの対応を描いたこの「エンテベ空港の7日間 」も、テイストや演出、さらにはDVDジャケッ…

「アド・アストラ」は宇宙のロードムービーだと思った(ネタバレあり感想・評価)

「ブラッド・ピット主演の本格SF映画」と聞くとそれだけで面白さが約束されてそうですが、その予想に反してかなり厳しい評価で終わった「アド・アストラ」。 この前評判を知った上で「いったいどれだけつまらないんだろう……」と覚悟を決めて観たんですが、そ…