怠惰ウォンテッド

音楽と映画に埋もれて怠惰に平和に暮らしたい

【レビュー】「流転の地球」は”中国版アルマゲドン"なSF大作だった

2019年に公開された中国のSF映画「流転の地球」。 中国では歴代2位となる興行収入記録を叩き出したそうで、作品のスケールもヒットのスケールもまさにハリウッド並みのド派手な作品です。アメリカでも劇場公開されて、それなりの評価を得たんだとか。 最近は…

【レビュー】「ディストピア パンドラの少女」が見せた、新しい"ゾンビたちの世界"

昔はマニアックなB級ジャンルだった「ゾンビ映画」も今ではすっかり市民権を経て、ハリウッド大作が作られたり、邦画でも「アイアムアヒーロー」のような大作が出てきたりと盛り上がってきました。 ですが、そんな中で「ゾンビがはびこる世界」の表現もマン…

【レビュー】「リディバイダー」は"一人称視点"にこだわり過ぎたのが敗因

VRゲームの流行なんかも関係してるのか、ここ最近「一人称視点」スタイルの映画が増えてきました。 この手の映画はまるでFPSゲームのような臨場感が最大の見どころですが、そんな一人称視点にこだわり過ぎるあまり失敗した感があるのが、SFアクション映画「…

秋山黄色はネット世代バンドマンの希望だと思った

最近はSNSやYouTubeなどをきっかけに、インターネットから有名になるアーティストが増えてますね。 メジャークラスでは米津玄師やヒトリエ、若手アーティストではヨルシカやずっと真夜中でいいのになど。どのアーティストにも共通しているのが、背景に「ボカ…

【レビュー】「ファニーゲーム U.S.A.」は最凶に性格が悪い映画だった

「バッドエンドの映画」というものは常に一定の人気があり、映画メディアでは「結末が後味悪い映画ランキング」なんてものもよく公開されています。 そんなランキングでは「ミスト」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」など常連になっている作品もいくつもありま…

「戦うかっこいい女性」がハマり役 ノオミ・ラパスのおすすめ出演作8選

アクションやサスペンスを中心に、さまざまな話題作に登場してきたスウェーデン出身の女優、ノオミ・ラパス。 今ではハリウッドの第一線で活躍する人気女優になって、個性派として注目されています。 「戦うかっこいい女性」というイメージで人気を集めてき…

レッドブル味の激安エナジードリンク『ミラクルエナジーV』がコスパ最強だった

在宅で黙々と作業するタイプの仕事をしている人や、夜遅くまで仕事をするタイプの人などは、日常的に「エナジードリンク」を飲む機会も多いですよね。 僕も気持ちのリフレッシュや、単に「味が好き」という理由で、ついつい手元にエナジードリンクが欲しくな…